本文へスキップ

大分市わさだの小児科クリニック

ご予約・お問い合わせはTEL: 097-586-1010

〒870-1155 大分市玉沢704-1

空白COVID-19 

当院の新型コロナウイルス対策について

小児の新型コロナウイルス感染症の特徴として、「小児の外来診療におけるコロナウイルス感染症2019(COVID-19)診療指針」(小児COVID-19合同学会ワーキンググループ)には、

①無症状から軽症者が多い
②小児からの感染の広がりは少ない
③小児の感染の大部分は家族内感染である
④COVID-19患者全体の中での小児の割合が極めて低い

ということが挙げられています。

 小児のCOVID-19陽性者のほとんどが大人の感染者の濃厚接触者として見つかったものであり、そういった方は保健所の追跡調査の対象になっていて、発覚前を除けば一般のクリニックを受診することはまずありません。しかもインフルエンザなどと異なり、子ども同士でうつしあったり、子どもから大人に広がっていくことも少ないことから、流行が広がっていない状況下では、一般の小児の外来患者で新型コロナウイルスの検査を必要とされるのはかなり限定的と考えられます。

 一方で、症状が軽い、無症状の子が多いということは、症状だけでは新型コロナかどうかわからないということになります。大人のように発熱の有無で診察室や動線を分けることもあまり意味がありません。健診や予防接種で受診しているような、健康であることが前提であるはずのお子さんでも新型コロナウイルスに感染していないとは言い切れないのです。

 このように、ほとんどいないけれども、絶対に違うとも言えない、というのが小児の新型コロナウイルス感染症の特徴であり、小児の診療体制を難しくしているところです。

 当院ではそういったことを踏まえまして、症状で分けるのではなく、自分自身を含めてみんなが新型コロナウイルスを持っている可能性がゼロではないと考えて対応しています。新型コロナウイルス感染の主体は飛沫感染、飛沫核感染です。マスク、手洗い(手指消毒)、換気、ソーシャルディスタンスでかなり予防は可能と考えます。
 当院では待合室で患者さん同士が家族単位で一定距離を保てるようにブロック別にして、診察前と診察後で同じ場所で待っていただくようにしています。待合室に入れる数は少なくなりますので、それまではコールをお渡ししてお車でお待ちしていただきます。状況にもよりますが、ほとんどの場合は待合室での待機時間は前後合わせても10~15分程度です。流行が広がってくれば、さらに待合室での数を減らす、もしくは待合室を使用しないなどの対応が必要であると考えています。

 新型コロナウイルスに関して当院で行える院内検査は、現時点では抗原検査のみとなります。PCRより感度はやや劣りますが、クリニックでの陰性判定には十分とされています。発症後2日目から9日目に検査が可能です。
 新型コロナの検体採取の際には防護服などを装着するなど体制を整えることが必要です。そのため、一般診療で新型コロナウイルスの検査が必要と判断した場合には、お手数ですが特別予約時間枠にもう一度受診していただいて、屋外のプレハブの診察室で検体採取を行います。接触の可能性が高かったり、嗅覚味覚障害があるなど感染のリスクが高い場合には、同意が得られれば特別予約時間枠で先に検査を行い、陰性を確認した後で診察を行うことも可能です。



 院内感染が発生しないよう、安心して受診していただけるように細心の注意を払って診療しています。ご不便をおかけしますが、感染防御のためご理解ください。


Wada Child Clinicわだこどもクリニック

〒870-1155
大分市玉沢704-1
TEL 097-586-1010
FAX 097-586-1077