上の枠内が表示されない場合はこちら→<twitter>

B型肝炎ワクチンの定期接種が2016年10月1日より開始されました。

対象は2016年4月1日以降に生まれた、1歳に至るまでの間にある方です。標準的には生後2か月以降に1回目を接種し、1回目から27日以上の間隔をおいて2回目を、1回目から139日以上の間隔をおいて3回目を接種します。
特に4月、5月生まれの方は、1歳になるまでの期間が短いのでできるだけ早く接種を開始するようにしましょう。3回目が1歳を超えた場合は有料になってしまいます。
      

10月1日よりインフルエンザワクチンを開始しました

接種をご希望の方はあらかじめ前日までにご予約ください。
      

風しんの抗体検査および予防接種費用の助成について

大分市では妊婦への感染予防対策として、妊娠を希望する女性や配偶者などに対して風しんの抗体検査を無料で実施するとともに、検査の結果、抗体価が十分でないと判明した妊娠を希望する女性や妊娠中の女性のパートナーが予防接種を行う場合に、費用の一部を助成しています。当院でも検査、接種が行えます。詳しくは大分市のホームページをご覧ください。
http://www.city.oita.oita.jp/www/contents/1309944888046/index.html

ロタウイルスワクチン

 ロタウイルスのワクチンには2種類あり、接種する場合はどちらかを選択する必要があります。
 「ロタリックス」は4週間以上の間隔をあけて、2回接種します。接種の対象は生後6週からの乳児で、遅くとも2回目を24週までに接種を完了させます。そのため、2回接種するには1回目を生後20週までに接種する必要があります。ロタリックスは1種類の型が含まれた1価のワクチンです。
 一方の「ロタテック」は4週間以上の間隔をあけて、3回接種します。やはり生後6週からの接種ですが、終了は32週までとなります。ロタテックは5種類の型が含まれた5価のワクチンです。
 生ワクチンですので、これらのワクチンを接種した後は4週間は他のワクチンを接種できません。
 現時点ではこのワクチンは自費での接種となります。両ワクチンの接種回数は異なりますが、トータルの料金はほぼ同じとなります。途中での種類の変更はできません。ご希望の方は受付までご予約ください。

子宮頚がんワクチン

 子宮頚がんワクチンは平成25年6月15日より接種の勧奨は中止されました。定期接種そのものが中止されたわけではありませんので、副反応などの可能性をよく理解していただいたうえで、希望者には対象年齢であれば今まで通り接種することは可能です。
 子宮頚がんワクチンには「サーバリックス」「ガーダシル」という2種類のタイプがあります両者の大きな違いはサーバリックスは2価のワクチン(2つの型が入っている)のに対し、ガーダシルは4価のワクチンという点です。「子宮頚がんを引き起こすウイルス」の型としてはサーバリックスもガーダシルも同じ2種類で、ガーダシルの残りの2種類はHPVが関与するその他の病気を予防する効果が加わることになります。一方で子宮頚がんの2種類の型に関してはサーバリックスの方が獲得できる抗体価が高いという報告もあります。
 最初から接種する人は、サーバリックスかガーダシルかどちらかを選択することができますので、予約の際に申し出てください。
 また、一度でもサーバリックスを接種された方が、途中からガーダシルに変更することはできません(逆も同じです)。

MR(麻しん風しん)ワクチン2期を忘れずに受けましょう。

1期1歳(2歳の誕生日の前日まで)
2期:5歳以上7歳未満で小学校就学前の一年間(4月から3月まで、いわゆる年長児
   平成28年度は平成22/4/2〜平成23/4/1生

おしらせ
●現在下記のワクチンは供給量の不足等が生じています。ご注意ください。
2016年12月1日現在
今後、MRワクチンが入荷が難しくなってくる可能性があります
●下記のワクチンは予約制です
不活化ポリオワクチン、DTワクチン、単独麻しんワクチン、単独風しんワクチン、B型肝炎ワクチン、インフルエンザワクチン、子宮頚がんワクチン、ロタウイルスワクチン
●子宮頚がんワクチン、ロタウイルスワクチンにはそれぞれ2種類のタイプがありますので、ご予約の際にどちらのワクチンか選択していただきます
●DTワクチンはご予約の上、接種日を指定して接種を行っています。詳しくはお電話でお問い合わせください。

●利用上の注意●

© 2000-2016 Wada Child Clinic